今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ビットコイン、ETFの仲間入りで身近な投資対象になるか!?

ノンカテゴリ

ビットコイン、ETFの仲間入りで身近な投資対象になるか!?
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ビットコイン、ETFの仲間入りか 身近な投資対象に

要約すると、ビットコインが「株と投資信託のしくみを合わせ持った商品」であるETFに仲間入りするかもしれないというニュースです。

「ビットコインETFをSECに申請しているのは、フェイスブックの創業に関わったことで一躍有名となったキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏の兄弟だ」

というところも驚きです。

さすがフェイスブック創業者・・・!

新しい時代の波を創り出しますね。

仮想通貨ビットコインが間もなく身近な上場投資信託(ETF)になるかもしれない。

 誕生から8年になるビットコインは資産クラスとしてまだ規模が小さいが、将来は大きな飛躍を遂げる可能性を秘めている。カウンターカルチャー(既存の文化に対抗する文化)という位置づけのビットコインを広く普及させる上で、ETFが橋渡し的役割を果たす可能性がある。

 ビットコインは先週、ETF市場に仲間入りできるとの期待から、1ビットコイン=1300ドル付近の過去最高値を記録した。米証券取引委員会(SEC)は今週、ビットコインETFを承認するか決定する見通しだ。認められれば、投資家にとってビットコインへの投資がはるかに容易になる。

 当然ながら、SECはさらなる作業が必要だと判断する可能性もある。ETFはこの10年でかなり人気が高まっており、対象となる資産クラスに多額の資金が流入することも多い。低コストが売り物のETFは一般的なミューチュアルファンドのように利用できるが、個別株と同様に日中いつでも売買が可能だ。

 一方、ビットコインは政府による裏付けがなく、ドルや円、ユーロの代替通貨を目指してプログラマーが作り出した。銀行など割高な仲介業者に代わるプラットフォームとして設計されたコンピューターネットワーク上に存在する。

 ビットコインは可能性を秘めているものの、まだ開発途上の段階にある。相場の乱高下やハッキングによる損失で取引はたびたび妨げられている。

 ビットコインETFをSECに申請しているのは、フェイスブックの創業に関わったことで一躍有名となったキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏の兄弟だ。

 兄弟は3年余り前からビットコインへの投資や商品開発を手がけており、オンラインのビットコイン取引所や関連する投資事業を立ち上げている。

 SECに申請した「ウィンクルボス・ビットコイン・トラスト」は彼らにとって計画の総仕上げと言える。SECのルールに基づくと、決定は11日までに下される見通し。承認される可能性はあるが、全面的に却下されることも再申請の道が残されることもあり得る。SECの広報担当者はコメント要請に応じなかった。

 一方、IT起業家のバリー・シルバート氏も独自にビットコイン事業を手がけている。同氏が運営する「デジタル・カレンシー・グループ」は、適格投資家のみが取引できる準公開のビットコインETFをすでに保有している。同社は投資子会社のグレースケール・インベストメンツを通じ、ニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を申請している。

 ウィンクルボス兄弟のETFはBATSグローバル・マーケッツの取引所に上場を申請している。

 SECの決定はどう転んでも、ビットコイン価格に影響することはほぼ確実だ。これまでの荒い値動きや極めて投機的な性格を考慮すると、反応はかなり大きくなる可能性があるとアナリストらはみている。

出典 http://jp.wsj.com

ETFってなーに?

ETFは投資信託の一種です。

ETFとは、Exchange-Traded Fund の略で、“ 上場投資信託” ともよばれます。インデックスファンドと同じように、日経平均株価などの株式指標と同じような値動きをするしくみを持っており、『日経平均連動型』『TOPIX連動型』などのETFが販売されています。日経平均株価に連動するものであれば、日経平均に似た運用成績を期待できます。

出典 http://www.toushikiso.com

ETFのメリットは?

ETFは『株と投資信託のしくみを合わせ持った商品』です。

投資信託の値段(基準価格)は1日1回発表され、その値段で取引をおこないます。

一方ETFは株と同じように価格が変動し、
その時々の価格で取引が行われます。

つまり、株と同じように「指値・成行注文」ができるということです。

出典 http://www.toushikiso.com

つまり、投資信託よりも売買の自由度が高い点が、投資信託にないEFTのメリットと言えます。

メリット2

またETFの運用には、投資信託と同様に運用管理費用(信託報酬)を払う必要がありますが、投資信託と比べると、運用管理費用が低くなっています。こうした点もETFのメリットと言えます。

ETFのデメリットは?

投資信託は1,000円分と金額を指定して購入することができ、最低500〜1,000円といった少額からでも投資ができます。しかしETFは株と同じく最低購入単位があり、最低でも1万円前後の投資額が必要になってきます。ETFは投資信託と比べて少額投資には向きません。

出典 http://www.toushikiso.com

なるほど。まとめると、

メリットは
・投資信託よりも売買の自由度が高いこと

・投資信託と比べると、運用管理費用が低いこと


デメリットは
・少額投資には向かない

ということなんですねー!

ETFにビットコインは追加されることになるんでしょうか?

追加された場合、その前後はビットコインの値動きは激しくなり
市場はあれるだろうと予測されていますが

長期的にみると、ETF参加によって値上がりが期待できると思っています。

2017/3/11に発表がある・・・と言われていますので

今のうちにちょっとだけビットコインを買って持っておこうと思っています^^

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!